業務案内

材料試験

試験項目・手数料

平成27年4月1日改訂(消費税8%を含みます。)

建設材料試験手数料

○土質・骨材試験の試料数に記載されている重量は、乾燥時における試料重量です。

 含水状況によっては、試験時に試料が不足する場合がありますので、予約時に試料重量について、ご確認下さい。

【※】 の試験については近年依頼が少ないため、事前協議が必要となります。ご依頼の際は事前にお問い合わせ下さい。

▲ ページ上部へ

コンクリート試験について

材齢日前に試験依頼された場合、標準養生の供試体であれば、当センターで養生を行い、指定試験日(休業日を除く)に試験を実施することができます。
なお、水槽の許容量を超えた場合等は、お預かりできないこともありますのでご了承願います。
その他の養生方法のお預かりについては、事前にお問い合わせください。

注1. 中性化試験(コンクリート)

「千葉県県有既存建築物コンクリート強度等調査要領」には、原則として、試料採取後、1~2日以内に圧縮試験を行う旨、明記されています。
試験時期調整のため電話予約願います。

▲コンクリート試験へ

鋼材試験について
注2.引張試験(鋼材)

母材の試験片長さは下記のとおりとなります。

種  別試験片の長さ(cm)
異形棒鋼丸  鋼
D6   70
D10  
D13  
D16 φ16
D19 φ19
D22 φ22
D25 φ25 80
D29  
D32 φ32
D35  
D38 φ38
注3.圧接引張試験(鋼材)

継手種別による試験片長さは下記のとおりとなります。
※ 全長は120cm以内としてください。

種別試験片の長さ(cm)
ガス圧接継手 圧接部を中心に30cm以上ずつ
フレアー溶接継手

溶接端部から30cm以上ずつ

(鉄筋径22mm以下のものに限る)

エンクローズ溶接継手 圧接部を中心に30cm以上ずつ
機械式継手 継手端部から30cm以上ずつ
注4.曲げ試験(鋼材)(SD295A,SD295B,SD345に限る)

試験片長さ (D6~D38) 50~60cm
(ガス圧接の試験片は片面のふくらみを削除して下さい。)

▲鋼材試験へ

土質・骨材試験について
注5.土質・骨材試験の試料

土質・骨材試験は、予約制(割ぐり石の品質試験を除く)となっています。

試験時期を電話等で調整したうえで採取し、ビニール袋等で密閉してお持ち下さい。
なお、依頼日以前の試料・供試体のお預かりは行っていません。

▲土質試験へ ▲骨材試験へ

アスファルト試験について

密度・抽出試験は、試験依頼時に合材の設計密度、理論密度及び配合設計値(As量・粒度等)が必要になりますので、依頼時に合材認定書等をお持ちください。

当センターでは、開粒度アスファルト混合物の密度試験をノギス法で行うため、供試体下面の凹凸を切断してからお持ち下さい。

マーシャル安定度試験・ホイールトラッキング試験については、事前に電話で予約をお願いします。

半たわみ性舗装の試験については、事前にお問い合わせください。

▲アスファルト試験へ